ワキガ 洗い方

その洗い方で合ってる?ワキガを改善する効果的なお手入れ法

ワキガのニオイが気になると、脇をゴシゴシと洗いがちですが、実はその洗い方では逆に皮膚を傷付け、ワキガのニオイを悪化させてしまう可能性があります。そこで今回はワキガのニオイを効果的に改善する正しい洗い方やお手入れについてご紹介していきます。

 

ワキガのニオイを改善するためにはどうケアしていくべきなのか、日頃の洗い方を見直してみましょう!

 

間違った洗い方はワキガを悪化させる?

 

脇をしっかり洗っているのに、ワキガ臭がなかなか消えなかったり、洗ってもすぐにニオイがぶり返したり、間違った洗い方をしているとワキガ臭がさらに悪化してしまうので注意が必要です。

 

まずワキガの特徴的なニオイが生じる原因は、脇の汗と皮膚の常在菌が関係しています。

 

私たちの体には「エクリン腺」と「アポクリン腺」という2つの種類の汗腺があり、ワキガ体質の方は「アポクリン腺」が通常よりも多く存在し、汗の分泌が活発に働いてるという特徴があります。

 

この「アポクリン腺」から分泌される汗は、鉄分や尿素、タンパク質など多くの成分が含まれておりベタッとした乳白色でやや黄みがかっています。この汗自体は無臭ですが、皮膚の常在菌が成分を分解することでワキガの特徴的なニオイを生じるようになります。

 

皮膚に多く存在する常在菌は、「表皮ブドウ球菌」・「黄色ブドウ球菌」・「真菌」の3種類です。「表皮ブドウ球菌」は善玉菌とも言われ良いニオイを放つ菌ですが、それに対して「黄色ブドウ球菌」や「真菌」はワキガの原因となる悪臭を放つ菌です。

 

そしてこの悪臭を放つ「黄色ブドウ球菌」と「真菌」は、皮膚の状態がアルカリ性に傾いた時に活発に繁殖するようになります。脇をゴシゴシとボディーソープや石鹸で洗うと、皮膚はアルカリ性に近くなり、善玉菌である「表皮ブドウ球菌」のみ洗い流してしまうのです。

 

皮膚に残った「黄色ブドウ球菌」と「真菌」は、皮膚に残ったアルカリ性ボディーソープや石鹸の成分を養分として更に繁殖を続けるため、いくら洗ってもワキガの元となる原因菌が除去できていないために、ニオイがますます強くなってしまうのです。

 

またゴシゴシとナイロンタオルなどで洗うことにより、皮膚に大きなダメージが加わりうるおいが失われてしまいます。肌が乾燥すると皮脂の分泌が活発化するので、さらに常在菌が繁殖しやすい肌状態になってしまうのです。

 

上記のような理由から、脇を必死に洗ってもワキガか改善するどころか、逆に悪化してしまう肌状態に陥ってしまうのです。

 

ワキガ改善の正しい洗い方

 

ワキガを改善するためにはゴシゴシ力を入れて洗うのではなく、正しい洗い方で汗と常在菌をキレイに洗い流し、肌の状態を清潔に保つことが重要です。

 

ワキガを改善する上で、毛穴に詰まった皮脂や老廃物、繁殖した雑菌の排泄物や死がいなど、皮膚に溜まったニオイの元となるものを皮膚から浮き上がらせて取り除くことが重要です。
湯船に浸かるかシャワーでしっかりすすぎ、毛穴を開いたら汚れを洗い流しましょう。

 

脇を洗う時はボディーソープや石鹸をしっかり泡立てて、泡で優しく洗い上げるようにしましょう。ボディータオルを使う時は、コットンなどの天然素材を選び、なるべく柔らかく肌触りの良いものを使うようにしましょう。

 

脇を洗い終わったら、ボディーソープなどの成分を皮膚に残さないように、しっかり洗い流すことが重要です。高温のお湯は肌を乾燥させる原因になるので、38℃前後のぬるま湯ですすぎ残しがないように念入りに洗い流しましょう。

 

最後は脇のお手入れも重要なポイントです。皮膚の乾燥はワキガの悪化に繋がってしまうので、しっかり保湿しておきましょう。ニオイを抑える効果が高い脇用の保湿クリームなどもあるので、自分の肌に合ったものを選んで日々のお手入れを習慣付けましょう。

 

正しい洗い方でワキガの悩みゼロへ!

 

ワキガに悩む方の多くは正しい洗い方を知らず、間違った洗い方でお悩みを深刻な問題にしていることがほとんどです。毎日正しい洗い方を意識して行うことができれば、ワキガの悩みは大いに緩和することができます。

 

今回ご紹介した正しい洗い方やお手入れを参考にして、ワキガの改善を目指しましょう!