ワキガ 生理

生理前になるとワキガ臭が!?ニオイが生じる原因と対処法!

女性は毎月生理によって、体の様々な変化や不調が生じるようになります。
腰痛・腹痛・頭痛など、生理前の症状の現れは個人差がありますが、中にはワキガのようなニオイが気になり始める方も…

 

意外と多くの方が感じている生理前のワキガ臭は、一体生理とどんな関係があるのでしょうか?
そこで今回は生理前に生じる症状とワキガについて詳しくご説明していきます。

 

生理前にワキガ臭がする原因

 

生理前にワキガ臭がきつくなると感じる方が多い一方で、生理とワキガの関係について確実な原因がなく、影響についても医学的な根拠はないというのが現状です。

 

しかし生理前の体にはホルモンバランスの乱れから、さまざまな変化が現れるようになります。生理前になると女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンの分泌が急激に減少することでイライラ・むくみ・眠気・頭痛などの症状が現れるようになります。

 

この生理前の女性ホルモンの乱れは、自律神経にも影響を与えることとなります。
生理前の体やホルモンの変化にストレスを感じやすくなり、自律神経の交感神経が刺激され優位に働くようになります。

 

この交感神経が優位に働くことで体は常に緊張状態になり、汗の分泌を促すようになります。

 

ワキガが生じる原因に汗は大きなカギとなっており、分泌した汗が常在菌の栄養となり、繁殖を繰り返すようになります。過剰に増えた常在菌の排泄物や死がいもどんどんと蓄積し、それが皮脂や不要な角質と結びつくことでワキガ臭を発するようになります。

 

そのため生理前のホルモンバランスの乱れから交感神経が刺激されると、汗の分泌量が多くなるため、常在菌の繁殖が活発になり、ワキガのニオイが普段よりも気になってしまうのです。

 

また女性ホルモンのバランスが乱れることで、嗅覚が過敏になることが多く、普段気にならないニオイまでも気になってしまうことがあります。

 

このように多くの方が感じている生理前のワキガ臭は、ホルモンバランスの乱れによる影響が大きいと言えるでしょう。

 

ただワキガというのは「アポクリン腺」という汗腺の数が多く、汗の分泌が活発であるという体質によるものです。そのため生理によって、ワキガになることは考えにくく、もともとワキガ体質であった場合にニオイがキツくなっていることが考えられます。

 

生理前のワキガ臭を改善する方法

 

生理前のワキガ臭を改善するためには、乱れがちなホルモンバランスを整えることが重要です。ホルモンバランスを意識することでワキガ臭以外の生理前の症状も緩和することができるので、体の変化とともに意識しておきましょう。

 

まず、ホルモンバランスを整えるためには生活習慣の見直しが重要なカギになります。
特に睡眠不足・喫煙・飲酒・栄養バランスが偏った食事などがホルモンバランスを乱す原因になるので、日頃から注意しておきましょう。

 

特に脂質の多い食事やコンビニ弁当・カップ麺・ファストフードなど栄養が不十分な食事が続くことで、ホルモンの乱れだけでなく、もともとのワキガ体質を悪化させる原因になってしまうので、脂質の少ない栄養バランスの整った食事を意識しましょう。

 

また生理前に急激に減少する女性ホルモンを補うためには、女性ホルモンに似た働きをする「イソフラボン」を摂取することがオススメです。「イソフラボン」は大豆製品に多く含まれているので、豆乳・豆腐・納豆・味噌など、積極的に摂取するようにしましょう。

 

ホルモンバランスが乱れる原因には体の冷えも関係しています。
特に女性は体の冷えに悩む方も多いので、普段から体を冷やさないようにしておくことも大切です。

 

日頃から適度に運動する習慣を付け、シャワーではなく湯船に浸かるようにしましょう。また冷たい飲み物は、体を内側から冷やしてしまいます。なるべく飲み物はホットか常温で飲むように心がけましょう。

 

生理前の不快なワキガ臭は早めの対策を!

 

生理前にはホルモンの乱れから、さまざまな不快な症状を感じることが多くなります。
生理前のワキガ臭を緩和するためには、日頃からホルモンバランスを整える生活習慣を身に付けておくことが重要です。

 

生理前にホルモンバランスが大きく乱れることがないよう、日々意識しながら食生活を改善していきましょう!