ワキガ リンゴ

ワキガはリンゴで治る!?気になるニオイの改善とリンゴの関係

ワキガのニオイが悪化したり、改善したりする要因の一つに、何を食べるか…も関係しています。そしてワキガのニオイに改善効果が期待できる食材として「リンゴ」が挙げられます。

 

普段何気なく食べている「リンゴ」が、ワキガのニオイを軽減させる効果が期待できるのです。

 

今回はワキガの改善に「リンゴ」がどのように影響するのか、気になる効果や摂取法について、ご紹介していきます。

 

ワキガ改善に効果的?ニオイの改善とリンゴの関係

 

リンゴは口臭や加齢臭など、さまざまな体臭の予防や緩和に効果が期待できる果物です。そして特にニオイの気になるワキガ臭の対策としても有効です。
ワキガ臭を緩和させる効果は、リンゴに含まれる成分がポイントになっています。

 

ワキガの気になるニオイは、脇で雑菌が繁殖することにより、雑菌の排泄物や死がいが増え、皮膚に蓄積してしまいます。これに古い角質や老廃物、皮脂が混ざり合うことが原因となっているのです。

 

ではなぜ脇の雑菌が急激に繁殖するようになるのか…その原因は分泌される汗です。

 

私たちの体には汗腺と言われる汗を分泌する器官があり、「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類に分かれています。「エクリン腺」から分泌される汗はほぼ水分で構成されていますが、「アポクリン腺」から分泌される汗はさまざまな成分が含まれています。

 

「アポクリン腺」から分泌される汗には、鉄分・タンパク質・尿酸・アンモニアなど、数多くの成分が含まれており、この成分を総称して「アポタンパク」と呼ばれています。
この「アポタンパク」が雑菌の養分となり、盛んに繁殖する原因になります。

 

ワキガのニオイを改善するためには、この「アポクリン腺」から分泌される「アポタンパク」を含む汗をケアすることが重要なポイントになりますが、この「アポタンパク」はリンゴに含まれる植物性の食物繊維「ペクチン」という成分によって分解することができます。

 

リンゴに含まれる「ペクチン」を効率的に体に取り込むことができれば、ワキガの原因となっている「アポタンパク」を分解し、気になるニオイを改善することができるようになります。

 

ワキガ改善に!リンゴを効果的に摂取する方法

 

リンゴに含まれる「ペクチン」を摂取する一番簡単な方法は、やはり食べることでしょう。特に「ペクチン」はリンゴの皮に多く含まれているので、食べる時には皮をむかずにそのまま食べることをオススメします。

 

リンゴを食べるとワキガの改善以外にも、アンチエイジング・美白・ストレス軽減・疲労回復・腸内環境の改善・むくみの改善・肥満予防・など美容に健康にうれしい効果がたくさん期待できるので、習慣的に食べることを心がけましょう。

 

またリンゴは食べる以外にも、ワキガに直接的に働きかけるリンゴ湿布での対策もオススメです。

 

まずは皮のままのリンゴをおろし器やフードプロセッサーで完全にすり下ろします。すり下ろしたリンゴをガーゼや布に挟み、果汁が垂れないように水気をしっかり絞りましょう。
リンゴを挟んだガーゼを脇に挟んで5分~30分程度そのまま放置しましょう。

 

こうすることで、リンゴの成分が脇の「アポタンパク」に直接的に働きかけ、雑菌の繁殖を効果的に防ぐことができます。リンゴはできるだけ脇に密着するようにサポーターなどで固定するのも効果的でしょう。

 

リンゴ湿布をする時は、脇の皮膚が清潔に保たれている入浴後に行うことがオススメです。リンゴは傷みやすいので、作り置きせずに使う直前にリンゴを擦るようにしましょう。またリンゴの成分をしっかり浸透させるために、使用後直ぐに洗い流さないようにしましょう。

 

気になるワキガのニオイはリンゴで解消!

 

美容に健康に、いろんな嬉しい効果が期待できるリンゴは、ワキガの改善にも高い効果が期待できます。リンゴはスイーツや飲み物など、摂取する方法も色々なバリエーションがあるので、毎日手軽に摂取することができます。

 

今回ご紹介したリンゴの摂取法や湿布などを参考にしながら、ぜひリンゴの力を借りて気になるワキガのニオイを改善しましょう!